最新情報

2012年5月8日レビュー
玉川退く
2012年4月11日レビュー
奉行所に乗り込む侍
2012年4月6日レビュー
峯うちで止めるホークアイ
2012年4月5日レビュー
ティトレイのようにはなれない
2012年4月4日レビュー
金を返すように告げる侍

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

劇場版マクロスF-イツワリノウタヒメ-

 TV版の再編集という事で正直あまり期待していなかったんですけど、いい意味で予想を裏切られました。新規で作画されたカットの量が多く、満足度が高かったように思います。
 マクロスといえば「ライブシーンと戦闘シーンの融合」がキモな訳ですが、この技術に関しては既にTV版でも実証済みなので安心して観ていられます。
 冒頭のシェリルのコンサート会場は正に異空間といった感じで、映像のシェリルと実際のシェリルが共演するという演出は、さすがリン・ミンメイの頃から50年も経つとライブコンサートも凝ったものになっているなぁと、マクロス世界における時間の経過を実感します。
 そんな華やかなコンサートの映像と、居住区の外で行われている統合軍とバジュラの戦闘とがカット毎に入り乱れるシーンは、マクロスならではですね。
 2部作の前編という事で、どうしても「後編に続く」といった終わり方になってしまうのですが、バジュラ艦隊との大規模な戦闘と、危険を顧みずにコンサートを続行するシェリル、そしてそれに加わるランカ、2人の歌姫を守って戦うアルト、オズマ、ブレラといった展開で最後に大きな見所を作っています。
 TV版の後期OP曲「ライオン」が流れ始めたくらいからのテンションの上がり方は、ちょっと鳥肌モノでした。
 劇場版・後編のラストに待ち構えている、最後のライブシーンにも期待が高まります。
マクロスはエロゲーでも人気が高いんですけど、やはり、二人のキャラがとても際立っているからだと思います。

タグ

2011年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

玉川退く

政府軍の更なる増援に加え、玉川が自ら剣を取って出陣するという状況にもかかわらず。
侍たちの勢いは決して止まらず、それどころか寧ろ加速して政府軍の兵士たちを次々に斬り伏せて行くのだった。
玉川は、流石にこの状況が自分にとって不利だと感じたのかここはいったん引き下がることにして。
部下たちに足止めを任せると、玉川は一人で逃げていくのだった。
部下たちは、そんな玉川の命令に疑問を持つことなく体格の大きな兵士たちが立ちはだかる。
ドラゴンズドグマ
政府軍をあらかた倒すか、玉川の体力を減らすと次のシーンへと移行するのだが。
玉川は、この後また体力が完全回復してしまうので。
ここは、周りの政府軍兵士を片付けることに集中するといいだろう。
そして、赤玉ルートでも黒生ルートでも玉川との決着はこの橋のフィールドでついていたのだが。
玉川との最終決着に関しては、真ルートはココではなく別の場所で行われるので。
玉川が、戦闘中に逃亡するというシーンを見ることができるのもこの真ルートの醍醐味と言っていい。
死ぬまで、基本的に玉川は余裕を崩さないというか見下した感たっぷりなキャラクターなのに。
真ルートだと、自分の状況が危ういからかところどころビビって屈したようなところがあるのがいい。

タグ

2012年5月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

奉行所に乗り込む侍

侍は、そんな二人にオレは風だ。風は誰にも斬ることはできない。
と、言い残して天風を後にするのだった。
そんな侍の背中を見送りながら、団八も天風も無事を祈るのだった。
侍は、一人奉行所へと正面から堂々と乗り込んでいく。
同心は、突然現れた侍に貴様何の用だ!と警戒したように声を荒げる。
そのうち、一人の同心が侍を見て待てよ、こいつどこかでと怪訝そうな顔で侍をみる。
そして、同心は警戒のあまり答えぬとあらば斬ると刀を抜く。
第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 攻略wiki
此処の選択肢は、別にどれを選んでもいいのだがオレは風だ、を選ぶと最後の侍評価がちょっと高くなる。
とはいっても、残り二つも今日は死ぬにはいい日和だ、とか。
武士道とは死ぬことと見つけたり、とかやたら格好いい選択肢しかないのでどれを選んでも侍の格好よさが引き立つだけというもの。
こっからは、後は奉行所に直接乗り込んでいくだけなので一本道のようなもの。
っていうか、同心たちいきなり刀抜くとかどんだけ警戒してるんだよ。
もう、自分たちが悪いことしてるからバレたくないですって言ってるようなもんじゃないか。
人を守るためにあるはずの奉行所が、一般人に害なすとは全く許せないことだな。
ここは、侍が罰として皆殺しの刑に処してやらんと。

タグ

2012年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

峯うちで止めるホークアイ

イーグルの攻撃をかいくぐり、ホークアイは素早くイーグルに攻撃を加えていくとイーグルは吹き飛ばされるが。
それでも、術が解けたのか正気を取り戻しありがとう、と呟く。
ホークアイがすぐさまイーグルの元へと駆け寄ろうとする。
ホークアイは、咄嗟にダガーを反対に構えて峯打ちで攻撃していたのだ。
イーグルを殺さずに押しとどめたホークアイだったが、イザベラはそれにこざかしい真似をと舌打ちを鳴らし。
ファイアボールでイーグルにトドメを刺したのだ。
マジゲート 攻略
モバゲー「大召喚!!マジゲート」の攻略情報サイト。
あ、普通に戦うんだと思いきやホークアイがここでケヴィンとは違った機転を見せてくれました。
シーフなだけあって、かなり機転のきく頭のいい人のようです。
普通に戦ったら殺しちゃいかねないから、峯打ちを使うとはね。
峯打ちだけで動けなくしてしまえば、殺さずに済むというわけか。
しかも、衝撃のせいかイーグルも正気を取り戻したし的確な判断だったと言えるだろう。
と、思いきやまさかのイザベラがトドメを刺しに来るという無茶苦茶っぷり。
なら、なんでこの人あんな回りくどい魔法なんか使ったんだろう。
最初っからその魔法で二人を始末しちゃえばよかったのに(笑)
いまいち、詰めの甘いイザベラさん。魔法でトドメさしたら、ホークアイが犯人じゃないとバレないか?

タグ

2012年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

ティトレイのようにはなれない

すると、ヴェイグはオレは…お前のようにはなれないと言いだす。
突然の言葉に、ティトレイはなんだよそれ?意味がわからねぇと困惑したような様子を見せる。
しかし、ティトレイはヴェイグはヴェイグのままでいいんじゃねぇかと答えるのだった。
そして、お前がおれになっちゃったら、おれが二人いて余計に意味がわかんねぇしよ、と。
細かいことを気にするな、とばかりに言ってやると。
ヴェイグはそうか、そうだな…とまたもや感慨深そうに言うのだ。
パズル&ドラゴンズ
アプリ、パズル&ドラゴンズの攻略Wiki
いきなりヴェイグは何を言っているんだろうか(笑)
そりゃあ、二人とも心は熱いものは持っているけど。
ヴェイグとティトレイは、表面的にというか感情やらの出し方が正反対だからな。
ヴェイグが急にティトレイみたいになれたらそれはそれでこわいぞ。
ティトレイもさっぱりって感じだよな。一体何でヴェイグがそんなことを急に言い出したんだって気分か。
ヴェイグは、一体何の意図をもってティトレイのようになれないなんて言い出したんだろう。
仲間なんだから当然、なんて考え方ができないと暗に言ってるのだろうか。
まあ、確かに意味がわからないというかティトレイが二人いたらそれこそ暑苦しくてしょうがないんですけど(笑)
みてる分にはおもしろそうだけど。

タグ

2012年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

金を返すように告げる侍

侍は、そんな保野に近づきながらそんな事が許されるのかと言葉をかけるのだった。
すると、保野は何が言いたいんだお前はと怪訝そうな顔を向ける。
侍は、あの男に金を返してやるんだと言い放つ。
すると、保野は侍をお前も奉行や武藤の同類かと悪態をつく。
そして、いいんだよこれでとまるで反省の見えない態度を見せる。
保野は、あの町民をどうせ金があっても自分を破滅させるようなことにしか使わない愚か者なんだから、と称すのだった。
【Mobage】神魔×継承!ラグナブレイクwiki
ちなみにだが、奉行ルートだとできるだけ選択肢はまっすぐかつ誠実な物を選んでおくのが吉だ。
もしも、保野の誘いに乗ったりするタイプのエンディングを目指すならば此処で寧ろ欲望丸だしな選択肢を選ぶと言い。
つまり、最初の選択肢ではうまくやったもんだな、を選び。
その後は、自分にも分け前をよこせと言ってやるといい。
二つ目の選択肢は、もうひとつがそれでも同心かという物を選ぶことができるのだが。
若干侍評価ポイントの違いが出るだけで、金を返してやるんだの選択肢とあまり変わらない。
しかし、保野も自分を正当化する言い訳だけはとんとうまいな。
そもそも、そういう道に引きずり込んだのはどこのどいつだよ、と突っ込みを入れてやりたい。

タグ

2012年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

中村に倒される日向

中村は、日向のそんな言葉に一体あなた郷四郎ちゃんに何をしたの!と詰め寄る。
日向は、そんな中村の言葉に自分は少し縛っただけだと事も無さそうに言うのだった。
中村は、日向のそんな言葉にな、何よそれ!と動揺すると。
許せないわ!と怒りをあらわにして刀を構えるのだった。
日向も、中村に対抗して刀を抜き放ち襲いかかってくるのだが。
中村の剣の前に完全に圧倒されて切り倒されてしまうのだった。
中村は、武藤の身を案じながら先へと進む。
戦国武将姫まとめ
もう、何か日向の言ってることがあっち系にしか聞こえてこない。
やっぱり、第一印象というか最初の出会い方って凄く大事なことだと思うね。
日向は、何か武士の挑戦状に登場してからいろんな意味でキャラクターが狂いすぎて元のキャラを忘れそうなんですけど。
っていうか、武藤がいろんな意味で不憫すぎるんですけど。
男にも女にも狙われてて、苦労するなぁという感じがしてならない。
でも、縛ったって普通に考えると動けないようにしたってだけだよな?
それで許せない、なんて怒る中村さんもどうなんだろうか。
一体、中村さんの脳内では武藤はどういうことになっているんだろう。
だけど、難易度全部共通なのに会話がよくちゃんとかみ合うもんだよね。

タグ

2012年3月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

診療所に駆け込む町民

千代は、この侍は青門組のヤクザにからまれていた天風の名無しっこを助けてくださった人なんですよと説明する。
弦庵は、あの娘をか?と一瞬怪訝そうにするのだったが。
何かの間違いか、たまたまの出来事だとそれを受け入れようとはしなかった。
弦庵は、よほど侍の事が憎いのか天原に来るような浪人にそんな殊勝な心がけを持った奴が来るわけがないと言い切り。
大体がだ、と言おうとしたところで。
診療所に町民が慌てて駆け込んでくるのだった。
バイオハザード オペレーション
面識がないと、この千代のフォローがない普通の会話になってしまうのだが。
弦庵どんだけ侍の事嫌いなんだよ、というか凄い頑固な人だな。
医者としては、かなり尊敬できる人物なのは間違いないが。
それでも、見てもいないことをそんなことがあるわけがないって決めつけるのは如何なもんか。
まあ、でもそれだけ天原に来るような浪人たちってのは天原の町民たちに迷惑をかけてるってことか。
たまたま、此処に流れてきた侍が変わった人だったっていうことだろうな。
それを理解してもらうのには、まあ時間がかかりそうだけど。
しかし、たまたまか何かの間違いと言われるとか本当に侍は信用がないんだな。
さて、と思いきやこれまたひとつのトラブル発生か?

タグ

2012年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

仕様変更槍構えと二刀構え

更に、新シリーズとして新しく武器などの仕様も大きく変更されるようになった。
まず、近作からは槍の武器が追加されるようになっており新たに槍構えとして構えが一つ増えている。
前作でも、蒼蓮華のような薙刀武器は存在していたが槍として武器分類の構えが増えたのは今作からだ。
そして、二刀構えは前作では専用の刀が必要となったが今作は二刀構えの刀は存在せず。
代わりに手持ちの刀を二本組み合わせて二刀構えになるという仕様に変更された。
モバコイン貯め方
侍道3が、過去二作品と大きく違うのはやはり侍の武器に新たな分類ができたことだろうか。
一応1や2でも見た目が刀とは違う武器、という物は存在していたのだけれども分類的には。
構えが刀の物と同じで、見た目が違うだけという感じだったが。
今作からは、ちゃんと槍には槍構えという物がしっかり追加されている。
そして、一番大きく仕様が変わったのは二刀が二刀構えの刀が廃止される代わりに。
自分の持っている刀を二本組み合わせて二刀構えができるようになったということか。
刀は基本的に二本の性能の組み合わせ能力が準拠で、技は二刀構え専用の技を主人公本体が習得していく形になっている。
二刀構えのみ、技が刀に依存しないのが大きな特徴か。
ついでに、忍者二刀は二刀構えと技カウントが別扱いだ。

タグ

2012年3月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

ダークキャッスル炎の侵入妨害

ホークアイとリースたちは、ホール内のすべてのモンスターを倒し終わったのだが。
ホールから続く中央への扉はまだ開きはしなかったのだ。
仕方なく、ホークアイとリースたちはサイドにある扉の右側へと入り横通路へと入っていく。
そこにも、大量のモンスターたちが待ち構えておりそれを倒しながら先へと進んでいく。
上へと昇る階段を見つけるが、それは炎によってふさがれており。
さらに先へと進んでいくと、行き止まりの大きな部屋につく。
バイオハザード リベレーションズ 攻略wiki
ダークキャッスルは、謎解きとモンスターの強さどっちの意味合いも持ったようなダンジョンになっている。
ミラージュパレスほど、ミッション的な謎解きと複雑な迷路的な性質こそ持っていないが。
割と、最初の段階では扉が閉じられていたり進むべき場所が炎でふさがれていたりと妨害が非常に多いダンジョンだ。
しかし、この妨害を抜けるための仕掛けというのが非常に単純な仕掛けて。
値する場所のモンスターを全滅させるだけ、という非常にシンプルなものなのだ。
ちなみに、最初の正面ホールの仕掛けに関しては右と左どっちか片方だけでいいので。
わざわざ、左右両方ともを進むという必要はまったくない。
まあ、こだわりがある人はどっちも解除してもいいんだけど。

タグ

2012年3月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

かすみのもらってほしいもの

かすみは、侍の部屋へとやってくると約束通り覚悟を決めてきたよと、もう何の迷いも持っていないような表情で言うのだった。
そして、かすみは何もできなかった小娘のかすみは今夜限りでいなくなるんだときっぱりとした声で言い放つ。
しかし、かすみはそこで言葉を一旦途切れさせると。
だけど、その前に侍にもらってほしいものがあるんだと言い出す。
そういうと、かすみは侍に背中を向けて服を脱ぐと裸になり背中に彫られた刺青を見せる。
ポケモン+ノブナガの野望 wiki
なんか、発言がちょっとばっかしセクシーというかちょっとばかしいやらしい方角に進んでいるような気がするんだけど(笑)
まあ、多分これはアクワイアのスタッフも狙っているんだろうなとちょっと思ってしまうレベル。
いや、あの遊び心の旺盛なスタッフが寧ろ狙っていないわけがない。
さて、何かかすみが侍にくれるらしいんだけど。
まさかの、いきなりの脱衣というものすごい展開に。
あれ、これって普通の一般向けゲームですよね?(笑)
いや、確かに不倫やらとかで侍道シリーズには結構際どいシーンがいくつもあったことは間違いないけどさ。
これは際どいどころか、ギリギリアウトのレベルじゃないでしょうか。
今発売したら色々規制に引っ掛かりそうだな。

タグ

2012年3月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

このページの先頭へ